« Re雨宮 RX-7 FD3S(その3) | トップページ | Re雨宮 RX-7 FD3S(その5) »

2008年1月10日 (木)

Re雨宮 RX-7 FD3S(その4)

Img_1641 Img_1643 こちらはミニッツ版のRe雨宮FD3Sです。

京商の製品ではなく、ガレージHIROさんのレジン製のボディーを使って、自分でペイント、デカール貼りをしてみました。(出来栄えはどうでしょうか・・・)

ペイントは結構苦労しました。塗装の知識のない私は、最初、単純にスプレーでペイントしたのですが、既製品のような滑らかなツヤが出るどころか、厚塗りになってしまいました。仕方なく、シンナー風呂に入ってもらい、塗装を剥がして、塗り直しました。

色々調べて、勉強になったのですが、
 ① 先ずボディーにサフェイサーを吹いて、塗料が載りやすくする
 ② 次に(1000番の)ペーパーで表面を滑らかにする
 ③ そして、塗装!
 ④ そのあと、デカールを貼り、仕上げのコーティング
とすれば、まあ、見栄えは結構よくなりました。
これには、まる3日かかりました・・・(コンパウンドを最後にかければ、さらにツヤありか?)

このボディーには、電飾を入れているのですが、市販の前後2×2灯ではなく、4×6灯に増設しました。久々に電気系統と格闘・・・・

あとは、ホイルのオフセットを調整して、見栄えを調整したいと思います!

|

« Re雨宮 RX-7 FD3S(その3) | トップページ | Re雨宮 RX-7 FD3S(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168647/9748980

この記事へのトラックバック一覧です: Re雨宮 RX-7 FD3S(その4):

« Re雨宮 RX-7 FD3S(その3) | トップページ | Re雨宮 RX-7 FD3S(その5) »